生活・トレンド

部屋干しワイヤー、DIYで設置可、おすすめの商品をご紹介

雨の日、部屋干しのスペースがなくて困っている方へ、

部屋干しスペースを格段に広げるアイテムをご紹介いたします。

まず、部屋干しの一般的なスタイルは、

大きく分けると、2つの方法が一般的かと思います。

部屋干しの2つのパターン

パターン1

 物干し竿をベランダや庭などから、室内に持ち運んできて、
カーテンレールにのせて、そこに洗濯物(ハンガー)をかけるという方法

パターン2
 
カーテンレールに洗濯物ハンガーを直接引掛ける方法

それぞれ方法には、それぞれのメリット・デメリットがあります。

パターン1

メリット :洗濯物がたくさんかけられる。
デメリット:物干し竿を運んでくる手間と労力がかかる。
(普段、室内に置いとくておくと邪魔になる)

パターン2
メリット :すぐに引掛けられるので手間がかからない
デメリット:範囲が狭いので、数が限られるカーテンと接触しやすい。

どちらの方法も良し悪しがありますよね。

最高の部屋干しアイテム 部屋干しワイヤー

そこで、どちらのメリットも兼ね備えアイテムがこちらです。

その名も、

室内物干しワイヤー(ダブルロープ)です!

こちらは、室内の両壁に鋼板を接着剤等でひっつけて、

本体フォルダーをそこに引掛けるだけで完成です。
あとは、必要なときにワイヤーをのばして、反対側にひっかけるだけです。

このアイテムを使うと、
手間と労力なしに、洗濯物がたくさんかけられます。

不要なときは、本体フォルダーにワイヤーが、
しまいこまれますので、邪魔になりません。

ワイヤーだと危ないのではという心配ですが、
厚みあるビニールコーティングされており、安全です。

我が家は、こんな感じでちょうどエアコンの風があたるところを
横切るようにワイヤーを張っております
その部分に薄いタオルをかけて暖房すると、とすぐに乾きます。
寒い時期や雨の日はうってつけです。

部屋干しワイヤーの意外な使い方

あとは、番外編ですが、ボールを投げる練習にも使えます。

トイレットペーパーの芯をワイヤーに通して、
ワイヤーを通したトイレットペーパーの芯を片手で
つかんで、ワイヤーに滑らせるように、前に投げる。
すると、トイレットパーパーの芯がワイヤーに沿って前に進みます。

ボールを投げる動作というのは、実は小さなお子さんには難しい動作です。

よく見かける光景ですが、
小さいお子さんですと、地面にボールをたたきつけたり
後にいったりして、ボールを手から離すタイミングが、
つかめていない場合があります。

そんなときに、このワイヤーにトイレットペーパーを通して、
上記の動作をすると、ボールを前に投げるコツがつかめるというわけです。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ABOUT ME
ならはや
5人家族40代サラリーマン男が、将来の資産形成を目的に始めたブログです。「副業・投資」「娯楽・ゲーム」「生活・トレンド」「節約・時短」の4つのカテゴリ別に皆様のお役に立てる情報を発信していきます。 不動産投資特化ブログ(右下のアイコンをクリック!) 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA